2012年12月08日

剣山国定公園(1)

  剣山国定公園は剣山を中心とした剣山地にある国定公園。
徳島県を中心とするが、一部は高知県の山も含まれている。剣山や三嶺(みうね)を中心とした山岳地帯のほか、祖谷渓や大歩危、小歩危を中心とした渓谷もこの国定公園の見所である。
e0110500_1256022剣山.jpg  
   【剣山】
  無雪期の剣山・三嶺の縦走ルートは四国で人気の高いコースである。剣山地は自然が豊富に残っており、特に徳島県南部の高の瀬峡は県下有数の景勝地として知られる。そのほか山麓には無数の渓谷が見られ、つるぎ町の一宇峡、高知県側の別府峡などの景勝地がある。

  P1200238s高の瀬峡 紅葉.jpg
    【高の瀬峡 紅葉】

20091121f一宇峡 戸隠付近.jpg 
    【一宇峡】

keikokuL高知県の別府峡渓谷.jpg
     【高知県側の別府峡】

 ★──★──★──★──★──★──★──★
【2012年 12月8日(土)のウォーク実績】
1.今日の歩数(距離):3205歩(≒2.5km)
2.12月の総距離:64km (1日平均=8.0km/日)
3.12月の今日までの順位: 324番目*
  (*印は「仮想・日本一周歩こうかい」の仲間内での順位)
4.現在:日本四周目の九州南岸を北上中【大川→鹿島】間
 ★──★──★──★──★──★──★──★

posted by すこやか太郎 at 20:19| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の国立・国定公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

大和青垣国定公園

  大和青垣国定公園は、奈良盆地の東部に発達する丘陵地帯を中心とした国定公園。一帯には錚々たる名刹、古刹、古墳が多く、純粋な自然景観を目的とした自然公園というより、文化的景観を加味した上での公園指定といえ、他の国定公園とは一線を画すものである。

0503B095-64渋谷向山古墳.jpg
      【渋谷向山古墳】
  渋谷向山古墳は、奈良県天理市渋谷町にある前方後円墳である。
  宮内庁により景行天皇陵に指定されている。江戸時代には崇神天皇陵と思われていた。築造年代は現在の崇神天皇陵である行燈山古墳より少し遅れた4世紀後半と推定される。
  全長310メートル、前方部幅170メートル高さ23メートル、後円部径168メートル高さ23メートル。

800px-Enjoji_Nara04sb3200円成寺.jpg  
     【円成寺本堂(重要文化財)】
   円成寺(えんじょうじ)は、奈良市忍辱山町(にんにくせんちょう)にある真言宗御室派の仏教寺院。本尊は阿弥陀如来。
 奈良市街東方の柳生街道沿いに位置する古寺で、仏師・運慶のもっとも初期の作品である国宝・大日如来像を所蔵する。

  Andonyama_001行燈山古墳.jpg
      【行燈山古墳】
  行燈山古墳は、奈良県天理市柳本町に所在する古墳時代前期の前方後円墳である。
  墳丘は全長が242メートル、正円形で3段築成の後円部は直径158メートル、高さ23メートル。後円部頂上は平坦で円形である。
 ★──★──★──★──★──★──★──★
【2012年 11月28日(水)のウォーク実績】
1.今日の歩数(距離):12722歩(≒10.1km)
2.11月の総距離:295km (1日平均=10.9km/日)
3.11月の今日までの順位: 261番目*
  (*印は「仮想・日本一周歩こうかい」の仲間内での順位)
4.現在:日本四周目の九州南岸を北上中【山鹿→久留米】間
 ★──★──★──★──★──★──★──★

posted by すこやか太郎 at 18:11| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の国立・国定公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

氷ノ山後山那岐山国定公園(2)

usiroyama33後山山頂から望む駒ノ尾山.jpg

  【後山の山頂からの眺望】    
後山は中国山地の東端に位置し、岡山県の最高峰。兵庫県の氷ノ山・三室山に続いてこの地方で第3位の標高を誇る。
 後山は修験道の中心地として栄えた山の一つであり、今日でも美作市側にある道仙寺奥の院の周囲は女人禁制とされている。
 18139724_0天滝渓谷.jpg
    【天滝渓谷の滝】
 後山周辺は景勝渓谷と名瀑(滝)の宝庫でもある。大屋川支流部にある落差98mの県下随一の大滝。すさまじい勢いで絶壁を飛び出た水流が岩を打ち、さらに無数の滝となって滝つぼへと流れ落ちる。滝の周囲は自然林につつまれている。

2109-1-19紅葉の芦津渓谷・三滝ダム.jpg
     【芦津渓谷の紅葉】
  芦津渓谷(あしづ)は鳥取県八頭郡智頭町にある渓谷。北股川上流の芦津から三滝ダムまでの大渓谷とその両岸を覆うブナやミズナラなどの巨木の原生林の森が見所である。

photo_4芦津渓谷.jpg  
     【芦津渓谷】
 芦津渓谷は巨岩や断崖、急流、淵、瀬、滝など、その雄大な渓谷美は日本屈指といわれる。
 ★──★──★──★──★──★──★──★
【2012年 11月26日(月)のウォーク実績】
1.今日の歩数(距離):10999歩(≒8.0km)
2.11月の総距離:285km (1日平均=10.9km/日)
3.11月の今日までの順位: 235番目*
  (*印は「仮想・日本一周歩こうかい」の仲間内での順位)
4.現在:日本四周目の九州南岸を北上中【熊本→山鹿】間
 ★──★──★──★──★──★──★──★

posted by すこやか太郎 at 19:47| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の国立・国定公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

一日山伏体験に参加

 英彦山は割合に近いので英彦山山伏の修験道には以前から興味を持っていたが、具体的な勉強はしていなかった。
今日は英彦山寺領内に49窟あると言われる修行窟の一つの鷹窟大権現とその周辺を訊ねる機会に恵まれた。これまで地元の人にもあまり知られていない秘境をこれから広く世間に紹介しょうという試みの第一歩である。場所は現在工事が進められている伊良原ダムよりも更に上流で、近くにはダムで湖底に沈む地域の人達が移り住んで来ている山の上である。昼は公民館で地域の人達に昼食の接待を受けたが、皆さんに接して学ぶことが多かった。
 パワースポットは林道から200段くらいの苔むした石段を登ると急に現れた凝灰岩の断崖の下にある小さな社の鷹窟大権現である。社のを被った形の大岩を登って、それに続く凝灰岩で出来た尾根には道であったであろう痕跡が続く。北面はよく手入れの行き届いた檜の林にたいして、南面は雑木林が続いてる尾根を進む。南の方向には求菩提山や英彦山も見える眺望の良い場所もある。尾根の途中には磁石石と言われる磁気を狂わしてしまう大石もあった。また、南から北面に吹き抜けた大穴もあり、抜けた凝灰岩の様子はコンクリートを荒打ちしたのと見分けがつかないように似ている。その大穴から折り返しの尾根歩きは良い運動にもなった。過疎の進んだ村、そこに残された先人の修験道の痕跡、それに数年内にはダムが出来て湖底に沈む地域を訊ねて、今日1日とても有意義な三連休最後の日となった。
 ★──★──★──★──★──★──★──★
【2012年 11月25日(日)のウォーク実績】
1.今日の歩数(距離):18845歩(≒15.0km)
2.11月の総距離:276km (1日平均=11.0km/日)
3.11月の今日までの順位: 223番目*
  (*印は「仮想・日本一周歩こうかい」の仲間内での順位)
4.現在:日本四周目の九州南岸を北上中【熊本→山鹿】間
★──★──★──★──★──★──★──★
posted by すこやか太郎 at 21:03| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の国立・国定公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

氷ノ山後山那岐山国定公園(1)

  氷ノ山後山那岐山国定公園は、兵庫県と、岡山県、鳥取県にまたがる山岳地帯の国定公園。景勝渓谷と名瀑の宝庫である。

HyonosenTop氷ノ山.jpg
    【氷ノ山】
  氷ノ山は 標高1,510m、兵庫県一の高峰。写真は深い谷を刻んで大きくそびえる氷ノ山の鉢伏山からの眺望。ブナやスギの自然林が残り、天然記念物のイヌワシが生息する。
  4afc0271440e0130f87744dd4e77f2ce_l三室の滝は.jpg
     【三室の滝】
  三室の滝は、兵庫県宍粟市千種町の三室山(標高1,358m、兵庫県第二の高峰)・三室高原を源とする河内川の上流にかかる滝で、落差は15mほどの小さな滝ですが、水量が多く、水流も早いためなかなか見応えのある滝です。この滝の特徴は滝壺に勢いよく落下した水が滝壺の岩によって2m近くも跳ね上がっています。

ase_024阿瀬渓谷の滝.jpg
     【阿瀬渓谷の滝】
  阿瀬渓谷は兵庫県豊岡市日高町の金山峠(標高760m)を源とする阿瀬川の最上流部一帯の渓谷の名称。阿瀬四十八滝ともいわれる数多くの滝と広葉樹の森林が3kmにわたる景勝渓谷を演出す
  新緑の美しい春は森林浴として親しまれ、秋は美しく燃えるような紅葉に目が奪われるという。
 ★──★──★──★──★──★──★──★
【2012年 11月24日(土)のウォーク実績】
1.今日の歩数(距離):15537歩(≒12.4km)
2.11月の総距離:261km (1日平均=10.8km/日)
3.11月の今日までの順位: 223番目*
  (*印は「仮想・日本一周歩こうかい」の仲間内での順位)
4.現在:日本四周目の九州南岸を北上中【松橋→熊本】間
★──★──★──★──★──★──★──★

posted by すこやか太郎 at 22:04| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の国立・国定公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

明治の森箕面国定公園

   大阪府の箕面山周辺に位置する国定公園である。
 明治百年記念事業のひとつとして、東京都八王子市にある明治の森高尾国定公園とともに1967年に国定公園に指定された。

lrg_17720040箕面国定公園.jpg
    【紅葉の箕面大滝】
  日本の滝百選にも選ばれている美しい箕面滝は、空海、瀧安寺を建立したとも伝えられる役行者、日蓮、蓮如なども修行を行った山岳修業の霊地としても古くから知られてきた。  幅5m、落差33mもある壮大な箕面の滝から森林を縫うような渓谷となっていてる。

img_3024瀧安寺瑞雲橋からの眺めは.jpg
     【瀧安寺の橋から見る紅葉】
  白雉元年(650年)、箕面滝で修行を積んだ役小角(えんのおづぬ)が建立したとされています。江戸時代に寺社などで流行った富くじ発祥の地でもあります。

m-iouiwa医王岩.jpg
       【医王岩】
 白島の医王山薬師寺から北へ300mほど上がったところに聳える高さ25mの3層に重なった巨岩。地元では薬師岩とも呼ばれ、土地や生産を司どる農耕神、大己貴・少彦名の二神が生まれた地とも言われています。人が立っている姿にも見え、頂きは丸く人の頭に似て、その不思議な姿は古代より信仰の対象とされている。
 ★──★──★──★──★──★──★──★
【2012年 11月15日(木)のウォーク実績】
1.今日の歩数(距離):15109歩(≒12.0km)
2.11月の総距離:162km (1日平均=10.8km/日)
3.11月の今日までの順位: 219番目*
  (*印は「仮想・日本一周歩こうかい」の仲間内での順位)
4.現在:日本四周目の九州南岸を北上中【阿久根→水俣】間
★──★──★──★──★──★──★──★

posted by すこやか太郎 at 20:09| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【日記一般 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

★琵琶湖国定公園(2)

 6991554d13af4cdf1cf8a7fb4f828ae9_l深緑ー竹生島の沈影.jpg
     【深緑 竹生島の沈影】 
 琵琶湖に濃い影を落とす緑豊かな竹生島は、沖合約6kmに浮かぶ周囲2kmあまりの小島で、宝厳寺と都久夫須麻神社が祀られています。宝厳寺の本尊は弁才天と千手観音。弁才天は安芸の宮島、相模の江島とともに日本三弁天に数えられています。。

img_1203226_35943934_4夕陽 瀬田・石山の清流.jpg
    【夕陽 瀬田・石山の清流】
琵琶湖八景のひとつ。夕日に映える瀬田川の流れに日本三名橋の一つ瀬田の唐橋がかかり、石山寺の鎮座する伽藍山がそびえる美しい風景。

62070101000000149暁霧 海津大崎の岩礁.jpg
     【暁霧 海津大崎の岩礁】
 海津大崎の湖中に突き出した男性的な岩礁と湖水の眼にしみる碧さが印象的な海津大崎の岩礁。春には延々4kmにおよぶ樹齢70年を越えた約600本のソメイヨシノが美しい花のトンネルを作り、毎年多くの花見客で賑わいます。
 霧が立ち上る暁どき、湖面に屹立する雄大な海津大崎の岩礁。

otohsuigo水郷巡りは.jpg
     【春色 安土・八幡の水郷】
 水郷をゆっくりと手漕ぎ舟でめぐる時間は訪れた人に都会の喧騒を忘れさせてくれる。四季折々自然の変化を見せてくれるヨシの姿と、船頭さんのお話に耳を傾ければさらに水郷めぐりを楽しむことができる。
  宮中の雅な遊びをまねて始まった水郷めぐり。織田信長や豊臣秀次も楽しんだという。
 ★──★──★──★──★──★──★──★
【2012年 11月13日(火)のウォーク実績】
1.今日の歩数(距離):11341歩(≒9.0km)
2.11月の総距離:139km (1日平均=10.7km/日)
3.11月の今日までの順位: 215番目*
  (*印は「仮想・日本一周歩こうかい」の仲間内での順位)
4.現在:日本四周目の九州南岸を北上中【阿久根→水俣】間
★──★──★──★──★──★──★──★

posted by すこやか太郎 at 18:50| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の国立・国定公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

琵琶湖国定公園(1)

   滋賀県にある琵琶湖を中心とした国定公園である。 1950年、日本初の国定公園に指定された。
  琵琶湖八景とは、琵琶湖周辺に見られる優れた風景から「八景」を選んだ、風景評価の一つ。

800px-Hikone_castle5537天守(国宝).jpg
    【月明 彦根の古城】
月明かりに浮かび上がる壮麗な彦根城。
 江戸時代に滋賀県彦根市金亀町にある彦根山に、鎮西を担う井伊氏の拠点として置かれた平山城である。
多くの大老を輩出した譜代大名である井伊氏14代の居城であった。

DSC08295-c8c95涼風 雄松崎の白汀.jpg
     【涼風 雄松崎の白汀】 
近江舞子は雄松崎の白い砂州に爽やかな風が吹く情景。
  大津市南小松にある幅0.02〜0.1km、長さ3km、面積10ha、樹齢100年以上の松林。

ph00104374新雪 賤ヶ岳の大観.jpg
      【新雪 賤ヶ岳の大観】 
賤ヶ岳から見た、奥琵琶湖から湖西の山々の新雪の風景。賤ヶ岳の戦い。

img_58622_22284566_2比叡の樹林.jpg
     【煙雨 比叡の樹林】 
霧雨に煙る比叡山の森の情景。 延暦寺。
 ★──★──★──★──★──★──★──★
【2012年 11月12日(月)のウォーク実績】
1.今日の歩数(距離):12589歩(≒10.0km)
2.11月の総距離:130km (1日平均=10.8km/日)
3.11月の今日までの順位: 214番目*
  (*印は「仮想・日本一周歩こうかい」の仲間内での順位)
4.現在:日本四周目の九州南岸を北上中【川内→阿久根】間
★──★──★──★──★──★──★──★

posted by すこやか太郎 at 20:12| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の国立・国定公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

室生赤目青山国定公園 (2)

  赤目渓谷の五瀑以外の滝も紹介。

fa8989251880b19d564e9cc017b6f9b7 赤目四十八滝(雨降滝).jpg
    【雨降滝】
 その名前の通り、雨が降らない時には極端に水が少ない。

56034569雛段滝.jpg
    【雛段滝】
  その名の通り、お雛さまの雛壇に似た形をした、幅広の段瀑である。

img_1303955_11332461_0室生赤目青山国定 香落渓.jpg
     【香落渓】
   室生赤目青山国定公園に属する香落渓は、三重県名張市にある渓谷。自然景勝地であり、木津川水系の一級河川である名張川の支流・青蓮寺川の上流域に位置している。

381px-Murou-ji_4室生寺.jpg
    【室生寺の五重塔】
  室生寺は、奈良県宇陀市にある真言宗室生寺派大本山の寺院。奈良盆地の東方、三重県境に近い室生の地にある山岳寺院である。宇陀川の支流室生川の北岸にある室生山の山麓から中腹に堂塔が散在する。平安時代前期の建築や仏像を伝えている。女人禁制だった高野山に対し、女性の参詣が許されていたことから「女人高野」の別名がある。
 ★──★──★──★──★──★──★──★
【2012年 11月11日(日)のウォーク実績】
1.今日の歩数(距離):15023歩(≒12.0km)
2.11月の総距離:120km (1日平均=10.9km/日)
3.11月の今日までの順位: 214番目*
  (*印は「仮想・日本一周歩こうかい」の仲間内での順位)
4.現在:日本四周目の九州南岸を北上中【川内→阿久根】間
★──★──★──★──★──★──★──★

posted by すこやか太郎 at 21:01| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の国立・国定公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

室生赤目青山国定公園 (1)

   室生赤目青山国定公園は、近畿地方中部、三重県〜奈良県にまたがる山間部の国定公園。 名の通り、室生寺周辺の室生高原、赤目四十八滝や香落渓といった山峡部を中心とした赤目渓谷、そして布引山地一帯の青山高原及び高見山地を包括した自然公園である。
  赤目四十八滝は、三重県名張市赤目町を流れる滝川の赤目四十八滝渓谷にある一連の滝の総称である。その中でも有名な赤目五瀑(不動滝、干手滝、布曵滝、荷担滝、琵琶滝)を訪ねる。

12874802赤目五瀑 不動滝.jpg
    【不動滝】
落差15m、滝幅7m、滝壺の深さ10m。不動明王にちなんで名付けられた滝。「滝参り」はこの滝への参拝を意味する。明治中期以前はここより奥は原生林で、入ることができなかったという。

1257569f849f5be1345ae00440694a5f千手滝.jpg
     【千手滝】
落差15m、滝幅4m、滝壺の深さ約20m。岩を伝って千手のように落水するところからの命名とする説と、千手観音に因むとする説あり。

akame3布曳滝.jpg
     【布曳滝(ぬのびきだき)】
落差30m、滝壺の深さ30m。30mの高さから一条の布を掛けたように落ちる。 

800px-Akame48Taki_NinaiTaki赤目四十八滝.jpg
     【荷担滝】
 落差8m。川の中央に位置する大岩を挟んで流れが二手に分かれる様子が、荷物を綺麗に振り分けて担っているように見えることから、「担いの滝」「荷担い滝」と名づけられた。渓谷随一の景観とされる。

7282183632_bc566b2a5c_z琵琶滝.jpg
      【琵琶滝】
落差15m、滝壺の深さ10m。形状が楽器の琵琶に似ている。
 ★──★──★──★──★──★──★──★
【2012年 11月8日(木)のウォーク実績】
1.今日の歩数(距離):15643歩(≒12.5km)
2.11月の総距離:89km (1日平均=11.0km/日)
3.11月の今日までの順位: 201番目*
  (*印は「仮想・日本一周歩こうかい」の仲間内での順位)
4.現在:日本四周目の九州南岸を北上中【鹿児島→川内】間
★──★──★──★──★──★──★──★

posted by すこやか太郎 at 22:23| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の国立・国定公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。