2012年11月12日

琵琶湖国定公園(1)

   滋賀県にある琵琶湖を中心とした国定公園である。 1950年、日本初の国定公園に指定された。
  琵琶湖八景とは、琵琶湖周辺に見られる優れた風景から「八景」を選んだ、風景評価の一つ。

800px-Hikone_castle5537天守(国宝).jpg
    【月明 彦根の古城】
月明かりに浮かび上がる壮麗な彦根城。
 江戸時代に滋賀県彦根市金亀町にある彦根山に、鎮西を担う井伊氏の拠点として置かれた平山城である。
多くの大老を輩出した譜代大名である井伊氏14代の居城であった。

DSC08295-c8c95涼風 雄松崎の白汀.jpg
     【涼風 雄松崎の白汀】 
近江舞子は雄松崎の白い砂州に爽やかな風が吹く情景。
  大津市南小松にある幅0.02〜0.1km、長さ3km、面積10ha、樹齢100年以上の松林。

ph00104374新雪 賤ヶ岳の大観.jpg
      【新雪 賤ヶ岳の大観】 
賤ヶ岳から見た、奥琵琶湖から湖西の山々の新雪の風景。賤ヶ岳の戦い。

img_58622_22284566_2比叡の樹林.jpg
     【煙雨 比叡の樹林】 
霧雨に煙る比叡山の森の情景。 延暦寺。
 ★──★──★──★──★──★──★──★
【2012年 11月12日(月)のウォーク実績】
1.今日の歩数(距離):12589歩(≒10.0km)
2.11月の総距離:130km (1日平均=10.8km/日)
3.11月の今日までの順位: 214番目*
  (*印は「仮想・日本一周歩こうかい」の仲間内での順位)
4.現在:日本四周目の九州南岸を北上中【川内→阿久根】間
★──★──★──★──★──★──★──★

posted by すこやか太郎 at 20:12| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の国立・国定公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

室生赤目青山国定公園 (2)

  赤目渓谷の五瀑以外の滝も紹介。

fa8989251880b19d564e9cc017b6f9b7 赤目四十八滝(雨降滝).jpg
    【雨降滝】
 その名前の通り、雨が降らない時には極端に水が少ない。

56034569雛段滝.jpg
    【雛段滝】
  その名の通り、お雛さまの雛壇に似た形をした、幅広の段瀑である。

img_1303955_11332461_0室生赤目青山国定 香落渓.jpg
     【香落渓】
   室生赤目青山国定公園に属する香落渓は、三重県名張市にある渓谷。自然景勝地であり、木津川水系の一級河川である名張川の支流・青蓮寺川の上流域に位置している。

381px-Murou-ji_4室生寺.jpg
    【室生寺の五重塔】
  室生寺は、奈良県宇陀市にある真言宗室生寺派大本山の寺院。奈良盆地の東方、三重県境に近い室生の地にある山岳寺院である。宇陀川の支流室生川の北岸にある室生山の山麓から中腹に堂塔が散在する。平安時代前期の建築や仏像を伝えている。女人禁制だった高野山に対し、女性の参詣が許されていたことから「女人高野」の別名がある。
 ★──★──★──★──★──★──★──★
【2012年 11月11日(日)のウォーク実績】
1.今日の歩数(距離):15023歩(≒12.0km)
2.11月の総距離:120km (1日平均=10.9km/日)
3.11月の今日までの順位: 214番目*
  (*印は「仮想・日本一周歩こうかい」の仲間内での順位)
4.現在:日本四周目の九州南岸を北上中【川内→阿久根】間
★──★──★──★──★──★──★──★

posted by すこやか太郎 at 21:01| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の国立・国定公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

室生赤目青山国定公園 (1)

   室生赤目青山国定公園は、近畿地方中部、三重県〜奈良県にまたがる山間部の国定公園。 名の通り、室生寺周辺の室生高原、赤目四十八滝や香落渓といった山峡部を中心とした赤目渓谷、そして布引山地一帯の青山高原及び高見山地を包括した自然公園である。
  赤目四十八滝は、三重県名張市赤目町を流れる滝川の赤目四十八滝渓谷にある一連の滝の総称である。その中でも有名な赤目五瀑(不動滝、干手滝、布曵滝、荷担滝、琵琶滝)を訪ねる。

12874802赤目五瀑 不動滝.jpg
    【不動滝】
落差15m、滝幅7m、滝壺の深さ10m。不動明王にちなんで名付けられた滝。「滝参り」はこの滝への参拝を意味する。明治中期以前はここより奥は原生林で、入ることができなかったという。

1257569f849f5be1345ae00440694a5f千手滝.jpg
     【千手滝】
落差15m、滝幅4m、滝壺の深さ約20m。岩を伝って千手のように落水するところからの命名とする説と、千手観音に因むとする説あり。

akame3布曳滝.jpg
     【布曳滝(ぬのびきだき)】
落差30m、滝壺の深さ30m。30mの高さから一条の布を掛けたように落ちる。 

800px-Akame48Taki_NinaiTaki赤目四十八滝.jpg
     【荷担滝】
 落差8m。川の中央に位置する大岩を挟んで流れが二手に分かれる様子が、荷物を綺麗に振り分けて担っているように見えることから、「担いの滝」「荷担い滝」と名づけられた。渓谷随一の景観とされる。

7282183632_bc566b2a5c_z琵琶滝.jpg
      【琵琶滝】
落差15m、滝壺の深さ10m。形状が楽器の琵琶に似ている。
 ★──★──★──★──★──★──★──★
【2012年 11月8日(木)のウォーク実績】
1.今日の歩数(距離):15643歩(≒12.5km)
2.11月の総距離:89km (1日平均=11.0km/日)
3.11月の今日までの順位: 201番目*
  (*印は「仮想・日本一周歩こうかい」の仲間内での順位)
4.現在:日本四周目の九州南岸を北上中【鹿児島→川内】間
★──★──★──★──★──★──★──★

posted by すこやか太郎 at 22:23| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の国立・国定公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。