2012年11月08日

室生赤目青山国定公園 (1)

   室生赤目青山国定公園は、近畿地方中部、三重県〜奈良県にまたがる山間部の国定公園。 名の通り、室生寺周辺の室生高原、赤目四十八滝や香落渓といった山峡部を中心とした赤目渓谷、そして布引山地一帯の青山高原及び高見山地を包括した自然公園である。
  赤目四十八滝は、三重県名張市赤目町を流れる滝川の赤目四十八滝渓谷にある一連の滝の総称である。その中でも有名な赤目五瀑(不動滝、干手滝、布曵滝、荷担滝、琵琶滝)を訪ねる。

12874802赤目五瀑 不動滝.jpg
    【不動滝】
落差15m、滝幅7m、滝壺の深さ10m。不動明王にちなんで名付けられた滝。「滝参り」はこの滝への参拝を意味する。明治中期以前はここより奥は原生林で、入ることができなかったという。

1257569f849f5be1345ae00440694a5f千手滝.jpg
     【千手滝】
落差15m、滝幅4m、滝壺の深さ約20m。岩を伝って千手のように落水するところからの命名とする説と、千手観音に因むとする説あり。

akame3布曳滝.jpg
     【布曳滝(ぬのびきだき)】
落差30m、滝壺の深さ30m。30mの高さから一条の布を掛けたように落ちる。 

800px-Akame48Taki_NinaiTaki赤目四十八滝.jpg
     【荷担滝】
 落差8m。川の中央に位置する大岩を挟んで流れが二手に分かれる様子が、荷物を綺麗に振り分けて担っているように見えることから、「担いの滝」「荷担い滝」と名づけられた。渓谷随一の景観とされる。

7282183632_bc566b2a5c_z琵琶滝.jpg
      【琵琶滝】
落差15m、滝壺の深さ10m。形状が楽器の琵琶に似ている。
 ★──★──★──★──★──★──★──★
【2012年 11月8日(木)のウォーク実績】
1.今日の歩数(距離):15643歩(≒12.5km)
2.11月の総距離:89km (1日平均=11.0km/日)
3.11月の今日までの順位: 201番目*
  (*印は「仮想・日本一周歩こうかい」の仲間内での順位)
4.現在:日本四周目の九州南岸を北上中【鹿児島→川内】間
★──★──★──★──★──★──★──★

posted by すこやか太郎 at 22:23| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の国立・国定公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。