2012年12月25日

室戸阿南海岸国定公園(2)

 toriiwa千羽海崖の通り岩.jpg
   【千羽海崖の通り岩】
 高さ200mの断崖絶壁が連続する千羽海崖は、徳島県海部郡美波町の室戸阿南海岸国定公園特別保護地区で、日和佐港の南西に続く断崖絶壁の海岸、景勝地。

senbnakaigaiコースタル・トレイルランニングレース.jpg
   【千羽海崖トレイルランニングのコース】
トレイルランニングは、舗装路以外の山野を走るものである。 不整地を走るランニングスポーツとしては、以前からクロスカントリーがあるが、その後マラソンブームや登山ブームの影響で、両者の要素を併せ持つ「トレイルランニング」が知られるようになった。
  海に一気に聳え立つ千羽海崖の上には34kmのトレイルのメインコースがある。今年も1月20日に開催されるここでの大会が国内で最も早く開催されるトレイルランニングレースである。

0612Hiwasa日和佐海岸.jpg
    【大浜海岸】
  日和佐海岸(大浜海岸)はアカウミガメの産卵地で知られる砂浜海岸であるには5月中旬から8月上旬にかけて、アカウミガメが産卵のために上陸する。白砂の海岸は南国情緒あふれる景勝地としても有名。
 ★──★──★──★──★──★──★──★
【2012年 12月25日(火)のウォーク実績】
1.今日の歩数(距離):7674歩(≒6.1km)
2.12月の総距離:214km (1日平均=8.5km/日)
3.12月の今日までの順位: 367番目*
  (*印は「仮想・日本一周歩こうかい」の仲間内での順位)
4.現在:日本四周目の九州南岸を北上中【彼杵→嬉野】間
 ★──★──★──★──★──★──★──★

posted by すこやか太郎 at 17:46| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本の国立・国定公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

室戸阿南海岸国定公園(1)

  室戸阿南海岸国定公園は四国南部の室戸岬〜徳島県南部の海岸一帯を占める国定公園。内陸部には指定地のない純粋な海岸公園である。

shikokumuroto_gr000168b室戸岬.jpg
   【室戸岬】
室戸岬は、高知県室戸市に属し、太平洋に面する岬。国の名勝。
安芸山地が太平洋に落ち込む南端。太平洋に大きく突き出し、紀伊水道と土佐湾を分ける。泥岩・砂岩・斑れい岩により、海岸段丘や岩礁、奇岩が形成されている。冬でも温暖で、亜熱帯植物が繁茂する

39000011_1室戸岬灯台.jpg
    【室戸岬灯台】
太平洋を望む風光明媚の地にあり、光達距離26.5海里(約49km)は日本一。レンズの大きさは直径2m60cmと日本最大級。
明治32年以来、 航海者たちの安全を照らす水先案内人として活躍している。

o0519034610273496995亜熱帯性の樹林.jpg
    【亜熱帯性の樹林】
室戸岬は足摺岬と並ぶ高知県を代表する岬で、折り重なる海岸段丘と亜熱帯性樹林が特徴的。
 ★──★──★──★──★──★──★──★
【2012年 12月20日(木)のウォーク実績】
1.今日の歩数(距離):12880歩(≒10.3km)
2.12月の総距離:171km (1日平均=8.5km/日)
3.12月の今日までの順位: 362番目*
  (*印は「仮想・日本一周歩こうかい」の仲間内での順位)
4.現在:日本四周目の九州南岸を北上中【長崎→諌早】間
 
★──★──★──★──★──★──★──★

posted by すこやか太郎 at 22:49| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の国立・国定公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

剣山国定公園(2)

020祖谷渓谷に紅葉.jpg
  【祖谷渓谷の紅葉】
 祖谷渓は15kmに亘る断崖絶壁で、また近辺は平家の落ち武者が隠棲したといわれる隠田集落で著名である。
大歩危・小歩危は国内有数の急流で知られ、カヌー競技や急流下り体験で有名である。
SS000048-1祖谷のかずら橋.jpg
  【祖谷渓谷のかずら橋】
8d4915cb0bf1a7ef35982d75a998eb7三好市東祖谷には山上集落.jpg
   【三好市東祖谷の落合集落】
国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。
山の斜面の下から上まで、民家と畑が連なっています。
山肌一面が集落となっている様子が見られます。
平家の落ち武者の末裔との説もあり、歴史資料館には平家の赤旗(レプリカ)や秘境祖谷の民具などが展示されています。
obokekoboke大歩危・小歩危.jpg
   【大歩危・小歩危】
吉野川は四国山地が隆起する前の1000万年以上の昔からそこに流れていて、世界有数の造山運動に耐え、岩を削り土砂を流し運んで大歩危・小歩危峡谷を刻んだ。
 ★──★──★──★──★──★──★──★
【2012年 12月10日(月)のウォーク実績】
1.今日の歩数(距離):9445歩(≒7.5km)
2.12月の総距離:80km (1日平均=8.0km/日)
3.12月の今日までの順位: 384番目*
 (*印は「仮想・日本一周歩こうかい」の仲間内での順位)
4.現在:日本四周目の九州南岸を北上中【大川→鹿島】間
 ★──★──★──★──★──★──★──★
posted by すこやか太郎 at 20:50| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の国立・国定公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。