2012年11月28日

大和青垣国定公園

  大和青垣国定公園は、奈良盆地の東部に発達する丘陵地帯を中心とした国定公園。一帯には錚々たる名刹、古刹、古墳が多く、純粋な自然景観を目的とした自然公園というより、文化的景観を加味した上での公園指定といえ、他の国定公園とは一線を画すものである。

0503B095-64渋谷向山古墳.jpg
      【渋谷向山古墳】
  渋谷向山古墳は、奈良県天理市渋谷町にある前方後円墳である。
  宮内庁により景行天皇陵に指定されている。江戸時代には崇神天皇陵と思われていた。築造年代は現在の崇神天皇陵である行燈山古墳より少し遅れた4世紀後半と推定される。
  全長310メートル、前方部幅170メートル高さ23メートル、後円部径168メートル高さ23メートル。

800px-Enjoji_Nara04sb3200円成寺.jpg  
     【円成寺本堂(重要文化財)】
   円成寺(えんじょうじ)は、奈良市忍辱山町(にんにくせんちょう)にある真言宗御室派の仏教寺院。本尊は阿弥陀如来。
 奈良市街東方の柳生街道沿いに位置する古寺で、仏師・運慶のもっとも初期の作品である国宝・大日如来像を所蔵する。

  Andonyama_001行燈山古墳.jpg
      【行燈山古墳】
  行燈山古墳は、奈良県天理市柳本町に所在する古墳時代前期の前方後円墳である。
  墳丘は全長が242メートル、正円形で3段築成の後円部は直径158メートル、高さ23メートル。後円部頂上は平坦で円形である。
 ★──★──★──★──★──★──★──★
【2012年 11月28日(水)のウォーク実績】
1.今日の歩数(距離):12722歩(≒10.1km)
2.11月の総距離:295km (1日平均=10.9km/日)
3.11月の今日までの順位: 261番目*
  (*印は「仮想・日本一周歩こうかい」の仲間内での順位)
4.現在:日本四周目の九州南岸を北上中【山鹿→久留米】間
 ★──★──★──★──★──★──★──★

posted by すこやか太郎 at 18:11| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の国立・国定公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

氷ノ山後山那岐山国定公園(2)

usiroyama33後山山頂から望む駒ノ尾山.jpg

  【後山の山頂からの眺望】    
後山は中国山地の東端に位置し、岡山県の最高峰。兵庫県の氷ノ山・三室山に続いてこの地方で第3位の標高を誇る。
 後山は修験道の中心地として栄えた山の一つであり、今日でも美作市側にある道仙寺奥の院の周囲は女人禁制とされている。
 18139724_0天滝渓谷.jpg
    【天滝渓谷の滝】
 後山周辺は景勝渓谷と名瀑(滝)の宝庫でもある。大屋川支流部にある落差98mの県下随一の大滝。すさまじい勢いで絶壁を飛び出た水流が岩を打ち、さらに無数の滝となって滝つぼへと流れ落ちる。滝の周囲は自然林につつまれている。

2109-1-19紅葉の芦津渓谷・三滝ダム.jpg
     【芦津渓谷の紅葉】
  芦津渓谷(あしづ)は鳥取県八頭郡智頭町にある渓谷。北股川上流の芦津から三滝ダムまでの大渓谷とその両岸を覆うブナやミズナラなどの巨木の原生林の森が見所である。

photo_4芦津渓谷.jpg  
     【芦津渓谷】
 芦津渓谷は巨岩や断崖、急流、淵、瀬、滝など、その雄大な渓谷美は日本屈指といわれる。
 ★──★──★──★──★──★──★──★
【2012年 11月26日(月)のウォーク実績】
1.今日の歩数(距離):10999歩(≒8.0km)
2.11月の総距離:285km (1日平均=10.9km/日)
3.11月の今日までの順位: 235番目*
  (*印は「仮想・日本一周歩こうかい」の仲間内での順位)
4.現在:日本四周目の九州南岸を北上中【熊本→山鹿】間
 ★──★──★──★──★──★──★──★

posted by すこやか太郎 at 19:47| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の国立・国定公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

一日山伏体験に参加

 英彦山は割合に近いので英彦山山伏の修験道には以前から興味を持っていたが、具体的な勉強はしていなかった。
今日は英彦山寺領内に49窟あると言われる修行窟の一つの鷹窟大権現とその周辺を訊ねる機会に恵まれた。これまで地元の人にもあまり知られていない秘境をこれから広く世間に紹介しょうという試みの第一歩である。場所は現在工事が進められている伊良原ダムよりも更に上流で、近くにはダムで湖底に沈む地域の人達が移り住んで来ている山の上である。昼は公民館で地域の人達に昼食の接待を受けたが、皆さんに接して学ぶことが多かった。
 パワースポットは林道から200段くらいの苔むした石段を登ると急に現れた凝灰岩の断崖の下にある小さな社の鷹窟大権現である。社のを被った形の大岩を登って、それに続く凝灰岩で出来た尾根には道であったであろう痕跡が続く。北面はよく手入れの行き届いた檜の林にたいして、南面は雑木林が続いてる尾根を進む。南の方向には求菩提山や英彦山も見える眺望の良い場所もある。尾根の途中には磁石石と言われる磁気を狂わしてしまう大石もあった。また、南から北面に吹き抜けた大穴もあり、抜けた凝灰岩の様子はコンクリートを荒打ちしたのと見分けがつかないように似ている。その大穴から折り返しの尾根歩きは良い運動にもなった。過疎の進んだ村、そこに残された先人の修験道の痕跡、それに数年内にはダムが出来て湖底に沈む地域を訊ねて、今日1日とても有意義な三連休最後の日となった。
 ★──★──★──★──★──★──★──★
【2012年 11月25日(日)のウォーク実績】
1.今日の歩数(距離):18845歩(≒15.0km)
2.11月の総距離:276km (1日平均=11.0km/日)
3.11月の今日までの順位: 223番目*
  (*印は「仮想・日本一周歩こうかい」の仲間内での順位)
4.現在:日本四周目の九州南岸を北上中【熊本→山鹿】間
★──★──★──★──★──★──★──★
posted by すこやか太郎 at 21:03| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の国立・国定公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。